サイエンスワールドについて

サイエンスワールドの沿革

平成 7年 ・科学技術庁:先端科学技術体験センター整備に対する支援制度発表
・岐阜県:岐阜県先端科学技術体験センター構想発表
平成 8年 ・建設地を瑞浪市に決定
・整備検討委員会発足(委員長 岸輝雄東大先端研教授)
・管理運営計画設計等:日本科学技術振興財団と契約
・建築基本設計:環境デザイン研究所と契約
平成11年7月 ・開館 愛称:サイエンスワールドに決定
・初代名誉館長:岸輝雄(東大名誉教授)
平成12年 ・アドバイザリー委員会発足 初代委員長 岸輝雄名誉館長
平成13年 ・サイエンスワールド後援会設立 初代会長:TYK社長 牛込進氏
・後援会運営によるミュージアムショップ「理科ちゃん」開店
平成14年 ・「ニュートリノ検出装置」名古屋大学から寄贈 記念式典
平成15年 ・2000年度ノ―ベル化学賞受賞者 白川秀樹教授 記念講演
平成18年 ・指定管理者として岐阜県研究開発財団が管理・運営
平成21年 ・開館10周年記念式典実施
平成23年 ・指定管理者として㈱トータルメディア開発研究所、中電興業(株)の
 サイエンスワールド運営グループが管理・運営
・開館以来入館者100万人記念事業実施
 JAXA坂本教授による記念講演「はやぶさの挑戦」
平成24年 ・岐阜国体視察を兼ねて、三笠宮家 瑶子女王殿下 ご視察
平成26年 ・年間入館者10万人突破
平成27年 ・年間入館者11万人突破

サイエンスワールドの組織図

組織図